医療法人 緑風会 新琴似皮膚科スキンケアクリニック 診療のご予約・お問い合わせ/TEL 011-766-4512
トップに戻る クリニック紹介 当院で行っている治療 美容皮膚科 けが・やけどをしたら・・・ ホクロとガンの違い 採用情報 アクセス方法
美容皮膚科
症状から探す
ニキビ
ニキビ跡
毛穴
しみ・そばかす
シワ
たるみ・ハリ
施術から探す
エンビロンフェイシャルトリートメント
エクシリス
リフトアップレーザー
e max
FCRトリートメント
ケミカルピーリング
フォトRF(オーロラ)
FNSケアシス
レーザー脱毛
イオン導入
ヒアルロン酸
ボトックスビスタ
化粧品
エンビロン
コスメプラウド
エクストラエッセンス
ルミキシル
メディカルコスメ
ハイドロキノン
トレチノイン
パースピレックス
ロゲイン(女性育毛剤)
施術料金について

たるみ・ハリ
「たるみ・ハリ」とは
肌のハリが衰えたり、たるみが現れる第一の原因は老化です。 お肌の真皮層には、肌の柔軟性や弾力性を保つために必要不可欠なコラーゲンとエラスチンが一定の間隔を開け網状に 張りめぐらされています。これが加齢とともに不規則なかたちになってしまうと肌細胞の水分が保てなくなり、柔軟性の低下 を引き起こす、つまりハリがなくなるということになります。
ハリや弾力がなくなり、皮膚が重力によって下がっていくことで起こるのがたるみです。
紫外線(UV)
真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが紫外線を浴びると肌内部で活性酸素が発生し、皮膚組織やその弾力にダメージを与えコラーゲンを破壊する大きな原因となります。
通常の生活で浴びる紫外線は波長の長さによりUV-A、UV-Bと分けられます。

【UV-A(波長315mm〜400mm)】
紫外線の中で一番波長が長く、窓ガラスをも通過し、真皮にも到達するため、ハリと弾力を保つ役割を担う繊維組織を破壊する酵素を増大する作用があり、コラーゲン、エラスチンにもダメージを与えます。そのため皮膚は弾力を失ってしわやたるみを発生させたり、皮膚の免疫力も低下させます。

【UV-B(波長280mm〜315mm)】
肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり、メラノサイト(色素細胞)を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用(日焼け)があります。エネルギーが強く肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、発癌性も指摘されています。
また、コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを強めてしまい、間接的にたるみの原因にもなります。
乾燥
長時間、皮膚は乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができてきます。この隙間から表皮の水分が蒸発していきやすくなります。水分の保持力の低下は「たるみ」の原因にもなります。
施術方法
   
前のページに戻る ページトップに戻る
医療法人 緑風会 新琴似皮膚科スキンケアクリニック
〒001-0901 札幌市北区新琴似1条12丁目6-38 TEL 011-766-4512 FAX 011-766-4513